トピックス

北海道海外事務所 駐在員現地レポート(R02.8月号)を掲載しました

北海道では、本道の経済交流・貿易拡大のために、海外各国に事務所の設置や駐在員の配置しながら、海外の経済市場に関する情報収集を行っていますが、各駐在員から提供された新着情報を掲載しましたので、是非ご覧ください。
※各事務所のリンクをクリックするとレポート(PDF)が表示されます。

■8月号の主な話題
1.北海道ASEAN事務所
・ASEAN事務所長の着任について
・カフェレストランと連携した北海道プロモーションについて

2.北海道上海事務所
・上海での北海道のアウトドアの魅力紹介

3.北東北3県・北海道ソウル事務所(北海道と青森・岩手・秋田各県の共同事務所)
・特別旅行注意報の延長 等

4.ジェトロ香港事務所(道職員派遣)
・「KONBINI 便利ストア by YATA」の開店について
・九號水産での「北海道祭」の開催について

○北海道国際ビジネスセンター 海外ビジネスレポート
 http://www.dousanhin.com/hibc/news/report/

2020.09.17

北海道海外事務所 駐在員現地レポート(R02.7月号)を掲載しました

北海道では、本道の経済交流・貿易拡大のために、海外各国に事務所の設置や駐在員の配置しながら、海外の経済市場に関する情報収集を行っていますが、各駐在員から提供された新着情報を掲載しましたので、是非ご覧ください。
※各事務所のリンクをクリックするとレポート(PDF)が表示されます。

■7月号の主な話題
1.北海道上海事務所
・上海事務所長の交代及び着任について
・今後の取組方向について

2.北東北3県・北海道ソウル事務所(北海道と青森・岩手・秋田各県の共同事務所)
・特別旅行注意報の延長 等

3.ジェトロ香港事務所(道職員派遣)
・コロナ禍における消費について(小売店舗の様子)
・コロナ禍における消費について(飲食店の様子)


○北海道国際ビジネスセンター 海外ビジネスレポート
 http://www.dousanhin.com/hibc/news/report/

2020.08.25

北海道海外事務所 駐在員現地レポート(R02.2月号)(R02.3月号)を掲載しました

北海道では、本道の経済交流・貿易拡大のために、海外各国に事務所の設置や駐在員の配置しながら、海外の経済市場に関する情報収集を行っていますが、各駐在員から提供された新着情報を掲載しましたので、是非ご覧ください。
※各事務所のリンクをクリックするとレポート(PDF)が表示されます。

■2月号の主な話題
1.北海道ASEAN事務所
・シンガポール での 北海道観光セミナーにおけるアイヌ文化プロモション
・ベトナムでの道産食品販売及びレストランフェア

2.北海道上海事務所
・新型コロナウィルスの感染拡大と影響 (2月~)

3.北東北3県・北海道ソウル事務所(北海道と青森・岩手・秋田各県の共同事務所)
・天皇誕生記念レセプションの中止 等

4.北洋銀行バンコク駐在員事務所(道職員派遣)
・タイからのインバウンド誘致策を考える

5.ジェトロ香港事務所(道職員派遣)
・香港政府による支援措置について(新型コロナウイルス による感染症対策)
・香港の離島について

■3月号の主な話題
1.北海道ASEAN事務所
・オンラインでの北海道魅力発信について
・北海道観光大使の就任について(シンガポール産子会の上野秀行会長)

2.北海道上海事務所
・新型コロナウィルスの感染拡大と影響 (3月~)
・人事異動による離任のご挨拶(3月31日)

3.北東北3県・北海道ソウル事務所(北海道と青森・岩手・秋田各県の共同事務所)
・観光エリアマップの作成 等

4.北洋銀行バンコク駐在員事務所(道職員派遣)
・タイからのインバウンド誘致戦略

5.ジェトロ香港事務所(道職員派遣)
・香港の小売店と消費者の状況について
・香港のカフェ市場について

○北海道国際ビジネスセンター 海外ビジネスレポート
 http://www.dousanhin.com/hibc/news/report/

2020.05.19

新型コロナウイルス感染症に関する各種相談を受け付けています

北海道国際ビジネスセンターでは、道内で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症に関連して、中小企業支援の一環として、道内企業等からの各種相談を受け付けておりますので、是非、ご活用ください。

■相談を受け付けている内容
・新型コロナウイルス感染症の影響による、海外との取引等についての
 各種相談(貿易、資金回収、商品未着トラブルなど)

○相談受付先
 北海道国際ビジネスセンター
 〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 北海道経済センタービル1階
 TEL 011-251-2700 FAX 011-251-2629
 E-mail hibc@dousanhin.com
 URL http://www.dousanhin.com/hibc/

※中国案件については、中国アドバイザーが直接対応いたします。
※その他の国については、関係機関との連携により対応いたします。
※感染拡大防止のため、電話、メール、ファックスによりご相談ください。

■北海道による注意喚起や支援等
・北海道では、新型コロナウイルス感染症に関する様々な注意喚起を
 行っています。
 詳細は下記WEBサイトを参照してください。
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ksk/index.htm

・北海道では、新型コロナウイルス感染症の流行により経営に影響を受けている
 中小企業者の経営安定を図るため、融資制度を用意しています。
 詳細は下記WEBサイトを参照してください。
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/kny/yuushi/korona.htm

2020.02.26

「クールHOKKAIDOネットワーク」について


1.クールHOKKAIDOネットワークとは
 北海道には、明瞭な四季や雪景色をはじめとする表情豊かな自然環境、安全で美味しい食、さらには、アイヌ文化や北国の厳しい気候風土の中で培われた寒冷地技術など、世界、特にアジアの方々を惹きつける多様な魅力や強みがあります。
 一方、世界における他国との競争は激しさを増しており、「MADE IN JAPAN」「MADE IN HOKKAIDO」のロゴだけで勝ち残ることが困難な時代となっています。
 こうした状況を踏まえ、国においては、コンテンツやファッション、文化芸術・伝統の海外展開や、地域ならではの産品の海外売り込みなどを図る「クールジャパン戦略」を進めています。
 北海道においても、ソフトパワーを結集し、アジア、そして世界における北海道ブランドの地位を確立し、「日本ブランド」の向上に貢献していくことが必要です。
 「クールHOKKAIDO」とは、こうした共通の目標の下、オール北海道で本道の魅力や強みを丸ごと世界に売り込み、輸出はもとより、技術交流や誘客、交通ネットワークの拡大など、海外市場の成長力を本道に取り込んでいくことを目指していくものです。
 そして、この「クールHOKKAIDO」をオール北海道で推進するため、関係企業や団体等の皆様で構成する「クールHOKKAIDOネットワーク」を設立し、メンバー間での情報共有や連携強化を図っていくこととしました。
 道内各界の方々との連携により、「北海道」ブランドを世界中に発信していきたいと考えていますので、ご参加よろしくお願いします。


2.クールHOKKAIDOネットワークへの参加
 「クールHOKKAIDOネットワーク」への参加を希望される方は、申込フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。
《申込フォームURL》
 https://www.harp.lg.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=X6hzWHyK


3.Facebookグループの開設
 「クールHOKKAIDOネットワーク」専用のFacebookグループを開設しています。
 グループへの参加を希望される方は、事務局までお問い合わせください。


4.クールHOKKAIDOネットワーク参加者名簿
 「クールHOKKAIDOネットワーク」の参加者名簿は、本項下部のPDFファイルをご覧ください。(2016年3月31日現在)


5.お問合せ先
北海道総合政策部国際局国際課(担当:今)
 TEL 011-204-5114
 FAX 011-232-4303
 E-mail somu.kokusai1@pref.hokkaido.lg.jp
北海道国際ビジネスセンター(担当:中村)
 TEL 011-251-2700
 FAX 011-251-2629
 E-mail hibc@dousanhin.com
※メールアドレスは「@」が大文字になっていますので、コピー&ペーストの際は小文字に変更してください。


6.関連リンク
 ○クールジャパン機構 

NEWS_16_2.pdf

2017.10.03

中国国際貿易促進委員会との覚書の締結について


 2009年1月20日(火)、滝沢靖六 北海道国際ビジネスセンター会長は、「北海道物産観光プロモーション北京訪問団(団長:高橋知事)」の団員として中国国際貿易促進委員会を訪問し、同委員会の万季飛(ばんきひ)会長と会談を行いました。
 この結果、今後の経済交流の発展に向けて北海道と中国の間で貿易や投資などを促進し、経済交流をさらに発展させることが有益であることを確認し、今後の経済交流の促進に向けて必要な情報を様々な手段により交換し、相互に便宜を供与することなどにより、連携を密にしていくことで合意に到りました。
 これにより、今後の連携協力に関する覚書が取り交わされることとなり、滝沢靖六 北海道ビジネスセンター会長と于平(うへい)中国国際貿易促進委員会副会長が覚書にサインしました(写真参照)。
 中国国際貿易促進委員会は、会員数約7万社、中国国内に約600の地方分会・支部と海外15ヵ所に事務所を有するなど、中国国内外に幅広いネットワークを有する非政府組織の経済貿易団体であり、今回の覚書締結を契機に、北海道と中国のビジネス交流の更なる活性化が図られることが期待されます。

【覚書取り交わしの様子】
(前列左から)滝沢会長、于平(うへい)中国国際貿易促進委員会副会長、
(後列左から)有塚北海道観光振興機構常務理事、坂本北海道観光振興機構会長、高橋知事、万季飛(ばんきひ)中国国際貿易促進委員会会長、釣部道議会議長、佐々木北海道商工会議所連合会常務理事、山角伊藤忠商事北海道支社長

2017.02.05